double_window
冬の季節には外気が冷たくなるので、お部屋では暖房設備が欠かせなくなります。しかしながら冬の季節には、せっかく暖めたお部屋の暖房が窓から外へ逃げていってしまうようですね。一方夏の季節には、外の暑い空気の半分以上が窓から侵入してくるのだそうです。そうしたことからも、窓ガラスで断熱や遮熱を行うとその効果も覿面に現れるのだそうですね。従って、冬の季節にオススメなのが二重窓にすることなのです。しかも、二重窓にすると断熱や遮熱効果があるだけでなく、防犯や防音効果もあるといわれています。

窓の結露をなんとかしたい | 相模原市ガラス修理出動隊

ちなみに二重窓というのは、今ある窓ガラスの内側にもう一つ内窓を取り付けるということになります。こうした二重窓にすると、窓ガラスと窓ガラスの間に空気の層が自ずとできるようになります。この空気の層が、断熱効果や遮熱効果をもたらしてくれるのです。この空気の層を利用した窓ガラスには、複層ガラスという製品があります。2枚の板ガラスの間に空気の層を挟み込むことによって、断熱効果が期待できるといわれています。また、空気の層があると暖かいと感じる物としてはダンボールもそうでしょうね。あるいは、発砲スチロールも状況がよく似ているかもしれませんね。そうした二重窓が既に市場には数多く流通しており、旭硝子というメーカーではインナーウインドまどまどという製品を販売しています。

また、YKKではプラマードUという製品を販売しています。そこで、旭硝子のまどまどのホームページで製品の詳細な情報について調べてみることにしました。すると、断熱性能については一般ガラスと比べると約3倍になるのだそうです。一方、夏の季節の遮熱性能についても、一般ガラスの約3倍になると記されています。また結露問題についても、マイナス21度まで結露が防止できると記されています。こうした断熱性能や遮熱性能が3倍にもなると、冷暖房費が年間約2万円節約できるのだそうです。

未分類